30メートル集客セミナーはこちら
講演依頼、お問い合わせはこちら

30メートル集客 ブログ

また来たいと思うお店の共通点(その1)

また来たいと思うお店の共通点(その1)

 

皆さん、こんにちは。

飲食店の売上を「鼻血が出る」程

アップさせる30m集客の高橋です。

 

本日は、私が新規のお客さん視点で、

飲食店、居酒屋を数百件調査してきて

気付いた、

「また来たいと思うお店の共通点」

をお話しします。

 

私が、初めてお会いする社長さんに

必ずお伝えすることのひとつに、

「30m集客は、覆面調査を必ず行い、

初めて食べに行ったお客さんとして

また来たいと思ったお店しかお手伝いしません。」

があります。

 

けっして殿様商売がしたい訳でなく、

なぜなら、

もう一度食べに行きたいと思った飲食店には

しっかり強みがあり、それを店頭の看板に

新規客視点で緻密にデザイン設計して

お店の目の前を歩く歩行者(車)に

しっかり伝え、集客し売上をあげる必要が

あるからです。

 

うわべだけの広告表現では、

お客さんバカじゃない、しっかりバレます。

 

さて、本題です。

私が今まで見てきた

「また来たいと思うお店の共通点」

すなわち、

「売上アップするポテンシャルのあるお店の共通点」

(その1)は、

 

ずばり!

「挨拶」です。

 

なぁ~んだ、当たり前じゃん。

ウチはチカラ入れてやっているよ。

 

「それは、良かった。

お客さんバンバン入って、

儲かっていらっしゃるんですね!?

看板も集客も要らないですね!!」

(私が目指しているのは、究極は看板の要らないお店作り。

これはまた別の機会に。)

 

話を戻します。

 

その「挨拶」

相手に敬意を払って、

気にかけてあげてる挨拶ですか?

ただ、口に出してるだけのワードに

になっていませんか?

 

「イラッサイマセー」

相手の顔も、目も見ずに作業しながら。

 

グホッ!ウチの店そうなってます(泣

 

という社長さん、大丈夫です。

必ず誰でもちゃんと相手に敬意を払い

気にかけてあげる挨拶ができるように

なる話を伝授します。

 

これは30m集客を導入したお店のスタッフさんに

お店の強みを炙り出す「デザイン設計会議」でも

話しているエピソードですので、

ぜひ、あなたのスタッフさんにも話して上げてください。

 

そもそも、飲食店で働く人は、

皆さん熱い方々です。

ただ、現場が大変で気がまわらなくなっているだけ。

ちゃんと出来ますから信じてあげて下さい。

 

こんな物語です。

 

たとえば自宅でホームパーティをしたときに

友達はもちろん、その友達の友達を招いた時。

(つまり自分の友人A君とA君の友人であるB君

自分は、B君とは面識がない)

 

♪ピンポ~ン(チャイムの音)

二人が来ました。玄関ガチャ。

 

「ようこそ!A君。ひさしぶり~

あ!

あなたがB君ですね!!

本日は、ようこそお越し下さいました。

A君とは長いんですか?

お会いしたかったぁ!

今日は楽しみましょうね!」

 

あなたがB君だったら嬉しいですよね。

 

↓↓こっちのパターンはどうですか?

 

♪ピンポ~ン(チャイムの音)

二人が来ました。玄関ガチャ。

 

「ようこそ!A君。ひさしぶり~

あなたがB君ですね。

ド、ドウモ。」

(そのあと家主はA君と肩組んで

家の中へ)

 

B君。とぼとぼ入店。寂しぃ。

アウェイだなぁ。

この店、、、

料理は美味しいのになぁ。

心から楽しめないなぁ。

もう帰りたいなぁ。

 

新規客はそう感じていますよ。

二度と行かないでしょうね。

 

常連さんはもちろん大切です。

仲良くしましょう。

合わせて、新規のお客さんにも、

そんなに喋りかけなくとも

「あなたを気にかけていますよ」

してあげて下さい。

 

誰しも、

自分のおウチに、招いたときには

後者の塩対応はしませんよね!?

 

でも、職場だとしてしまう。

 

悪気は無いんです。忙しいだけです。

気付いていないだけです。

この物語教えてあげて下さいね。

 

以上

ブログの言葉だけで伝わるかちょっと心配ですが

参考にして頂ければ幸いです。

 

そんな大きく気付く小ネタ

面白可笑しく小芝居しています。

社長さん対象で、お時間ございましたら↓↓↓

10/7開催【30m集客セミナー】詳細クリック

 

最後までお読み頂き有難うございます。

30メートル集客の高橋でした。

コメント

コメントを残す